「GSILIB」の公開

マルチGNSS解析ソフトウェア「GSILIB」の公開

国土地理院


1.公開の位置付け
 国土地理院では、平成23年度より4年計画で、国土交通省総合技術開発プロジェクト「高度な国土管理のための複数の衛星測位システム(マルチGNSS)による高精度測位技術の開発」において、GPS、準天頂衛星、GLONASS、Galileoといった衛星測位システム(マルチGNSS) を利用して短時間に高精度の位置情報を取得し、公共測量等に適用するための技術開発を行っています。 今回、今までに開発したマルチGNSS解析ソフトウェア「GSILIB」の一部を公開します。

2.「GSILIB」の概要
  • 名称は、「GSILIB」です。GSILIBは、GNSS Surveying Implementation Libraryを略したものです。
  • 「GSILIB」は、GPS、準天頂衛星、GLONASS、GalileoのL1、L2、L5帯のデータを処理して、基線解析を行うことができます。
  • 「GSILIB」は、東京海洋大学の高須知二氏が開発したオープンソースのGNSS解析ソフトウェアRTKLIB ver.2.4.2 p4(http://www.rtklib.com)及びANTTOOL ver2.1(http://gpspp.sakura.ne.jp/anteva/anttool.htm)をベースに、国土地理院のこれまでの技術開発の成果を組み込んだものです。
  • Windows7日本語版で動作します。
  • ソースコードはC言語で書かれています。
  • 今回公開するのは、一定の検証が終了した部分のみとなります。検証が終了次第、他の部分についても公開を進めます。

3.「GSILIB」の機能
  • RTKLIB ver.2.4.2 p4に次の機能を主に追加しました。詳細はプロジェクトHPの報告書等をご覧ください(http://www.gsi.go.jp/eiseisokuchi/gnss_main.html)
    1. 異機種受信機間のGLONASSを含む基線解析に必要なGLONASSチャンネル間バイアス(IFB)の推定及び補正が可能
    2. 異なる衛星系間における異機種受信機間の基線解析に必要なバイアス(ISB)の推定及び補正が可能
    3. L2P(Y)とL2C間で発生する1/4サイクルシフトについて、受信機種毎に補正が可能

4.「GSILIB」の利用上の注意
  • 「GSILIB」は、一部ツールであるANTAppを除き、BSD 2-clauseライセンスとなり、ANTAppはGPL v3ライセンスとなります。
  • BSD 2-clauseライセンス、GPL v3ライセンスを守れば、「GSILIB」は自由に利用できます。また、ソースコードの複製・改変も可能ですが、ANTAppを複製・改変したものはGPL v3ライセンスを継承する必要があります。
  • 公開にあたり一定の検証は行っていますが、予期せぬバグが含まれる可能性もあります。BSD 2-clauseライセンス、GPL v3ライセンスでは、このフリーソフトウェアには何らの保証もなされないことを明確にしていますので、ご注意ください。
  • GPL v3についての解説は独立行政法人情報処理推進機構のHP等にあります(http://www.ipa.go.jp/osc/license1.html)

| 趣旨を理解し、ダウンロードのページへ進む | 戻る |



国土交通省国土地理院 2014 (C) Copyright by Geospatial Information Authority of Japan